1.Way the World Is
2.You Tear the World in Two
3.Sea of Sound
4.True Coming Dream
5.Little Hammer
6.Insubstantial
7.Deep Sleep for Steven
8.Language of Flowers
9.Fell from the Sun
10.Sight of You
11.Time Thief

美しい音色と变化自在のバンドサウンド

Pale Saintsのデビューアルバム。

イギリスの有名なインディレーベル4ADからデビューし、瞬く間に話題をかっさらった作品であるとともに、Pale Saintsの代表作でもある。荒々しさと美しさが組み合わさった、まさに「狂気とやすらぎ」といえる内容に仕上がっている。バックのサウンドが荒々しさを表現し、女性勝りの美声を放つイアンのヴォーカルがコーラスを交えて甘~く歌い、心地よさを表現している。特にギターはエコーが掛かった耽美なサウンドを出しつつ、ノイジーにかき鳴らしたりもしていて、変芸自在にサウンドの顔を変えている。

この作品で異色の曲が、心地よさを際立たせたミドルナンバー#3「Sea of Sound」で、大海原を静かに漂っているかの如くの雰囲気を醸し出している。その次に続くのが2分弱で一気に疾走していく#4「True Coming Dream」で、個人的にこのアルバムで一番好きな楽曲。#11「Time Thief」は狂気が前面に出てきた名曲で、怪しい雰囲気に激しい転調、攻撃的な演奏を聴くと良く分かる。

荒々しいノイズや演奏に絡んでくる繊細なメロディと甘いヴォーカルを聴けば、「狂気のやすらぎ」というタイトルがいかに的を射ているかがわかる。正反対の音楽性を見事に組み合わせ、狂気を心地よいサウンドとともに表現した至高の作品。


↑TOP