1.IT DAWNS BEFORE
2.GOOD MORNING
3.JOY RIDE
4.STAR LOVE
5.15 KNOTS
6.GIANT
7.JET SET
8.THE SYSTEMS MADE OF GREED
9.HIBERNATE
10.THE END OF SUMMER
11.NO THANK YOU
12.DREAMMAN
13.DEEPERS’RE SLEEPING
14.MEXICO(Ver.N)
15.HARU NO GYOUNINZAKA

男女ヴォーカルが噛み合った”LOVE & DEATH”アルバム

COTDの4thアルバム。前作から女性ヴォーカル&ギタリストであるICHIMAKIが加入し、独特なサウンドにさらなる彩りを加えたCOTD。彼女が引き続き参加している本作は、「LOVE & DEATH」がテーマに掲げられており、彼女の歌声をフィーチャーした#4「STAR LOVE」のような楽曲がとても印象的である。同時に狂気の轟音とも言えるバンドアンサンブルはさらに暴力性を増しながらも洗練されている印象を受け、この部分もいつも通り重要な位置を占める。

個人的に、延々と同じリフを繰り返すマイブラへの回答のような#3「JOY RIDE」を聴いたことがきっかけで本作を手にしたのだが、#4「STAR LOVE」や#6「GIANT」での轟音ポップ(?)や、#7「THE SYSTEMS ~」のゴリゴリのヘヴィ・メタル、甘すぎる世界観でシューゲイザーの王道をいく#15「HARU NO GYOUNINZAKA」など、どの曲も個性が強いにもかかわらず聴きやすく、バラエティに富んでいる。アルバム後半に差し掛かると#10「END OF SUMMER」、#11「NO THANK YOU」など涙腺を刺激するほど切ない楽曲も現れる。今までも予測不能なサウンドを創りだしてきたが、こんなにも次は何が飛び出してくるかわからない、という振り幅の広さを感じさせた作品はないのではないか。

本作を聴いて、COTDにとって女性メンバーの加入による音楽性の拡大というのはとても大きなことだったと思った。事実、二作目となる本作でCOTDサウンドの領域を隅々まで使ったような本作を作り上げているし、ある意味、このアルバムで彼らの完成形をみたような感じである。三曲おきにアンビエント調のインストが収録されているが、コレがなければ疲れて最後まで通して聴けないかも知れない。それほど個々の楽曲のインパクトの強いアルバムである。甘い歌声とメロディ、そして狂気の轟音とのコントラストが冴え渡り、とてもポップに仕上がった快作。現在入手が困難だが、是非とも最初に聴いてもらいたい作品。


↑TOP