Notice: WP_Scripts::localize が誤って呼び出されました。$l10n パラメータは配列である必要があります。スクリプトに任意のデータを渡すには、代わりに wp_add_inline_script() 関数を使用してください。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 5.7.0 で追加されました) in /home/users/0/boy.jp-projectkou/web/hotsuntrail/wp-includes/functions.php on line 5663
Sex Pistols | Hot Sun Trail ver 2.0 - 心に響いた音楽をレビュー
1.Holidays in the Sun
2.Bodies
3.No Feelings
4.Liar
5.Problems
6.God Save the Queen
7.Seventeen
8.Anarchy in the U.K.
9.Submission
10.Pretty Vacant
11.New York
12.E.M.I.

時代を大きく揺るがした記念碑のようなアルバム

Sex Pistolsの最初で最後のオリジナルアルバム。

発売前から注目されていた作品で、何十年たった今も語り継がれている、ロック史に残した大きな爪跡のような作品。そもそもこの作品を語る際は、社会的なものが付き纏う。社会への反発精神、不満。そんな衝動をそのまま吐き出していたのが当時のパンクであり、ピストルズのサウンドである。

特に聴いてもらいたいのが名曲#6「God Save the Queen」#8「Anarchy in the U.K.」。#6での女王様万歳!という皮肉、#8での反キリスト・アナーキスト宣言など、ストレートで強烈な歌詞は当時の彼らの勢いを象徴するものといえる。そしてこちらに青臭い胸騒ぎを起こしてくれる。 唯一、シド・ヴィシャスが作曲した#2「Bodies」にも注目。プログレなど高度な技術を用いたバンドが横行していたロック界での彼らの出現は、多くのキッズに夢を与えたはず。ロックは演奏技術だけではないことを知らしめた、ロックの歴史を語る上でも極めて重要な一枚となっている。

↑TOP