verve-forth
1.Sit and Wonder
2.Love Is Noise
3.Rather Be
4.Judas
5.Numbness
6.I See Houses
7.Noise Epic
8.Valium Skies
9.Columbo
10.Appalachian Springs

11年ぶりの贈り物

あの伝説的バンド、The Verveが帰ってきた!
1999年の解散から約8年、2007年に奇跡の再々結成を果たした彼ら。作品としてはなんと11年ぶりのリリースとなる。SUMMER SONIC08にヘッドライナーとして出演したことより、日本初公演まで果たしてくれた。(未だに行かなかったことを後悔している…)

本作のリリースがアナウンスされた頃の情報では、サイケデリックサウンドへの回帰が謳われており、実際それに近い作風となった。前作は言わずとも知れた傑作『Urban Hymns』だが、こちらはアコースティックなサウンド主体の歌モノであり、彼らの本質から外れていた感が否めなかった。個人的に彼らの本質は、初期のサイケデリックサウンドだと思っていたので、とても嬉しかった。

『FORTH』を聴いてみた印象は、確かに1st辺りのサイケ感を意識しているような感じ。ただ、初期のそれとは全く違う感触の音、といった印象だった。1st『A Storm in Heaven』は、吹き荒れる轟音とドリーミーな音色が織りなすサウンドで、リスナーを絶景・秘境の地に誘う、芸術的な作品だった。対して『Forth』は、即興演奏の中で作られたかのような曲が多く、その中でリチャードの歌声が合いの手を入れるように響き、溶け込んでいく。こちらも個々のサウンドやメロディが柔らかくて穏やかで、心地よく聴けてしまうが、バンドとしての魅力も強く感じさせた。ライブ映像なども拝見したが、どの曲も非常にライブ映えする曲ばかりである。これはきっと、長い間聴くほどに愛着の湧く作品になっていくに違いない。

これは、特別違うところを目指そうと確信犯的に作られたものではなく、久々に4人で集まって音を出したらこうなった、というような自然発生的な産物に思えた。どちらにせよ、これは紛れもなくThe Verveの音だと納得がいくし、11年ぶりに彼らが作り出した作品としてすんなり受け入れられた。…というより、個人的には前作よりもお気に入りである。

シングルカットされた#2「Love is Noise」は、大ヒット曲「Bitter Sweet Symphony」に匹敵するアンセムもあり、復活を告げる曲としては申し分ないといえる。他にも、嵐が立ち込めるようなダークさが癖になるオープニングトラック#1「Sit and Wonder」、まばゆいほどの光にゆったりと浸かるような#4「Judas」、後半の狂気を含んだ演奏で一気に持っていく8分に及ぶトラック「Noise Epic」など、特筆したい楽曲は目白押し。

私はニックのギターサウンドや彼の佇まいがとにかく好きだ。ポーカーフェイス黙々とうつむいて演奏する姿はまさに職人。さらにライブでは曲の中で自由奔放に音色をかき鳴らすなど、大胆な一面もあり、The Verveのサウンドの核を担っている。

『Forth』は、『Urban Hymns』の延長上の作品と予想して聴くとがっかりしてしまうが、大きなブランクも感じさせずに作り上げた、現在の彼らが届けてくれた贈り物のような名作。再々々結成してほしいな。


↑TOP