SecretShine-Untouched
1.Suck Me Down
2.Temporal
3.Spellbound
4.So Close I Come
5.Into the Ether
6.Toward the Sky
7.Underworld
8.Sun Warmed Water

シューゲイザーの伝道師

COTDのNARASAKIがインタビューで、最もシューゲイザーしているバンドとしてSecret Shineの名を上げて絶賛しているのを見たことがある。RideやMVBほどのブレイクをしたとは言いがたいが、間違いなくムーブメントの一角を担ったバンドで、ジャンルの音をものの見事に体現している。

ブームの流れを受けながら1991年より活動を始めた彼ら。デビュー作『Untouched』が発表されたのは1993年で、ネオアコレーベルと言われるサラレコードからリリースされている。空間系のエフェクトをふんだんに用いたサウンドメイクにより、ドリーミーかつ荒々しい音を作り上げており、まるで霊峰から響いてくる音色のように神々しくもある。そんなSecret Shineの音は、どのバンドよりもシューゲイザーの世界観やサウンド、イメージを体現しているのではないだろうか。

重層かつまろやかなギターノイズのアンサンブルは本当にうっとりするほど心地よく、そこに折り重なる男女混声の歌声・コーラスが、霊峰にこだまするように儚げに響き渡っている。Rideのような焦燥感を持ちながらも、夢幻的な空間も重視したSecret Shineは、ジャンルを象徴するサウンドを披露していることもあり、初めてシューゲイザーに触れる方にもお勧めしたい名作である。

長年廃盤となっていた本作だが、2015年についに再発された。当時のシューゲイザーの名作が続々と再発されていく中、本作の再発は”待ちに待った”といった感じで、ファンにとってはとても喜ばしい。

2008年には14年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし、以降はコンスタントに作品をリリースしそうな勢いを見せており、シューゲイザー再評価の動きをとても良く感じさせるバンドである。今後もシューゲイザーの伝道師として益々の活躍を期待したいところである。


↑TOP