lunasea-lunacy2
1.Be Awake
2.Sweetest Coma Again
3.gravity
4.KISS
5.4:00AM
6.VIRGIN MARY
7.white out
8.a Vision
9.FEEL
10.TONIGHT
11.Crazy About You

5人による化学反応が極まった、最終作にして最高傑作

「MOTHER」や「STYLE」も確かに素晴らしいアルバムではあるが、やはりどう考えても「LUNACY」こそが最高傑作に思えてならない。このアルバムは、日本のロックシーンに多大な功績を残したLUNA SEAが、終幕直前に残した最後の作品である。

LUNA SEAは、音楽性の全く異なるメンバーによる個性のぶつかり合いのような演奏や楽曲が特徴だが、本作はそれが一番良く現れているアルバムだと思う。陳腐な表現を使うならば、5人による化学反応が引き起こした最高傑作といえる。

思えば98年の活動再開後は、妖艶で繊細な楽曲よりも、肉体的な楽曲というか、男臭さが増した楽曲が印象に残っている。ゴジラに登場するビオランテに例えるなら、花獣から植獣に進化したような、美しさと力強さが組み合わさったサウンドと言ったところだろうか。活動再開後に出されたアルバム「SHINE」ではその魅力を出し切れていなかったのか、高い評価を得られず、メンバーもその出来に満足していなかったようだが、本作は違う。

個々の楽曲が非常に聴き応えがあるだけでなく、それぞれの楽曲を絶妙な場所に配置するバランスの良さ。特に序盤から中盤にかけ、徐々にLUNA SEAの深みにハマっていくような、宵に溶け込んでいくような流れが心地よい。#3「gravity」~#6「Virgin Mary」あたりの流れは特に美しくてディープな世界観が構築されていてたまらない。また、ダークでスピード感溢れる楽曲も個人的に大好きで、それらの曲が数多く収録されているのが、本作の特色でもある。#2「Sweetest Coma Again」や#8「a Vision」などはライブ感の強い楽曲で、初期の疾走感とはまた違うゴリゴリの骨太のサウンドで攻めた、特にお気に入りの二曲。

また、バンドの演奏技術が素人目で見ても、明らかに他の作品以上に際立っている。五人で力を合わせている感じが凄く伝わってくるし、紛れも無くLUNA SEAの音であるという演奏を個々のパートが担っている。中でもJのベースがここに来て異常なほどの存在感を放ちだしている。#2「Sweetest Coma Again」ではベースソロが配置されているし、他でもベースやドラムがメインで進んでいくパートが随所でみられたりと、リズム隊の存在感が際立ったアルバムとも言えるかもしれない。

バンドによる化学反応が極まり、力量がダイレクトに表現された、恐ろしいほどに優れた作品。好き嫌い抜きにしてでもロックファン全員に聴いてもらいたいほどの必聴盤だと、個人的に思う。


↑TOP