limpbizkit-chocolatestarfish
1.Intro
2.Hot Dog
3.My Generation
4.Full Nelson
5.My Way
6.Rollin’ (Air Raid Vehicle)
7.Livin’ It Up
8.The One
9.Getcha Groove On
10.Take a Look Around
11.I’ll Be OK
12.Boiler
13.Hold On
14.Rollin’ (Urban Assault Vehicle)
15.Outro

リンプの傑作にして、ラップメタルの頂点に君臨するアルバム

汚らしい隠語満載、そしてとても長いタイトルがもうインパクト抜群。大ヒットの前作からの勢いをそのままにリリースとなった約一年ぶりのオリジナルアルバム。本作は、M:I-2のテーマソングともなった#10「Take a Look Around」を始め、ドラマティックな楽曲が増えた印象。勢い、話題性、完成度の高さなどが相まって、前作以上の売上を記録。バンドの絶頂期を象徴する作品である。個人的にもリンプの代表作として推したいのはコレである。

前作は脳天気なイメージを持たせる作品だったのに対し、本作ではメロディアスなパートが積極的に組み込まれたことで、シリアスな雰囲気がとても強くなっている。そんな静かなメロディパートから、彼らお得意の極悪ギターリフへと変貌してく展開がまた強烈。静と動の対比を前作以上に感じさせ、それが音に別の意味での重たさを加え、また爆発力をより研ぎ澄まされたものにしている。これらの点から、なかなか完成度が高く、器用に作られた作品だという風に感じた。

#2「Hot Dog」~#4「Full Nelson」までは、前作の雰囲気を踏襲しつつ、前作以上に重たいサウンドで攻め立てる。前作が気に入っていた方にとっては、この三曲は特に気に入ることだろう。ただ本作の魅力は#5「My Way」から始まるといっても過言ではない。霧が立ち込めるような静けさをもったオープニングが新鮮なこの曲は、このアルバムのシリアスサイドを特に強調している。他にも#7「Livin’ It Up」、#10「Take a Look Around」、#11「I’ll Be OK」、#12「Boiler」などは特にドラマティックで、美しささえ感じてしまった。

個人的に#7「Livin’ It Up」がこのバンドで一番好きな楽曲。Aメロの美しさもさることながら、一つの曲の中で様々なリフが飛び出し、飽きずに何回も聴きたくなる。聞き所満載の名曲。

メロディアスさばかり強調して書いたが、音の重量感も本作のほうがあると思う。本作は、色んな意味で軽かった前作と比べると、明らかな進化を感じさせた。フレッドのラップは当然好き嫌いが別れるところだと思うが、やはり彼らの魅力は、太いギターリフによる暴力的なサウンド。それを十二分に活かし、新たな音楽性を見出した彼らの代表作。ラップメタルの頂点にして完成形と言える作品である。

(さらに…)

limpbizkit-Significantother
1.Intro
2.Just Like This
3.Nookie
4.Break Stuff
5.Re-Arranged
6.I’m Broke
7.Nobody Like You
8.Don’t Go off Wandering
9.9 Teen 90 Nine
10.N 2 Gether Now
11.Trust?
12.No Sex
13.Show Me What You Got
14.A Lesson Learned
15.Outro

シーンを揺がした大ヒット作

Limp Bizkitにとって2枚目となった本作は、700万枚の大ヒットを記録した出世作。これにより、ラップメタルがシーンに台頭。次作「Chocolate Starfish~」とともに一時代を気づいたモンスターアルバムである。#7「Nobody Like You」にはKoRnのジョナサン・デイヴィスが参加。#4「Break Stuff」のPVには数多くのスターが登場しており、もはやお祭り騒ぎといった様相を呈している。

一方でこの作品のヒット以降、様々なミュージシャンから疎まれる存在ともなってしまい、なんとも罪深さを感じさせる作品となっている。・・・まあビッグマウスだったフレッド・ダーストにも原因があるんだけれども。

代表曲#3「Nookie」、#4「Break Stuff」を聴けばわかるように、その暴力的なまでに重たいリフ、盛り上げ方の上手い曲構成などはバンドの魅力だろう。後半に新たなリフを持ってきて大きな波を作り出すのは、以降でもLimp Bizkitの基本の手法となっている。本作ではこの構成は全くぶれておらず、安心して聴くことが出来る。音や構成が荒くてアングラ感が強かった前作に対し、とても整った音の並びで聴きやすく、メジャー感がでたという印象。大衆向けになったとも言えるだろうけど。

シーンを揺るがしたとはいえやはりこの手のバンドは、メロコアと同様、キッズ向けという印象が強く、いかに若いうちに聴けるかが重要な気がする。私はと言えば、洋楽聴き初めの高校生の時に知ることが出来た。KoRnを通してこのバンドを知り、ブッ○オフで本作を入手し、聴き倒すほどハマったことで本格的に洋楽デビューを実感。そこからニューメタル全般を漁り、ようやくHR/HMに行き着いたという個人的な経緯もあり、とても思い入れのある作品だったりする。

(さらに…)

↑TOP