verve-forth
1.Sit and Wonder
2.Love Is Noise
3.Rather Be
4.Judas
5.Numbness
6.I See Houses
7.Noise Epic
8.Valium Skies
9.Columbo
10.Appalachian Springs

11年ぶりの贈り物

あの伝説的バンド、The Verveが帰ってきた!
1999年の解散から約8年、2007年に奇跡の再々結成を果たした彼ら。作品としてはなんと11年ぶりのリリースとなる。SUMMER SONIC08にヘッドライナーとして出演したことより、日本初公演まで果たしてくれた。(未だに行かなかったことを後悔している…)

本作のリリースがアナウンスされた頃の情報では、サイケデリックサウンドへの回帰が謳われており、実際それに近い作風となった。前作は言わずとも知れた傑作『Urban Hymns』だが、こちらはアコースティックなサウンド主体の歌モノであり、彼らの本質から外れていた感が否めなかった。個人的に彼らの本質は、初期のサイケデリックサウンドだと思っていたので、とても嬉しかった。

『FORTH』を聴いてみた印象は、確かに1st辺りのサイケ感を意識しているような感じ。ただ、初期のそれとは全く違う感触の音、といった印象だった。1st『A Storm in Heaven』は、吹き荒れる轟音とドリーミーな音色が織りなすサウンドで、リスナーを絶景・秘境の地に誘う、芸術的な作品だった。対して『Forth』は、即興演奏の中で作られたかのような曲が多く、その中でリチャードの歌声が合いの手を入れるように響き、溶け込んでいく。こちらも個々のサウンドやメロディが柔らかくて穏やかで、心地よく聴けてしまうが、バンドとしての魅力も強く感じさせた。ライブ映像なども拝見したが、どの曲も非常にライブ映えする曲ばかりである。これはきっと、長い間聴くほどに愛着の湧く作品になっていくに違いない。

これは、特別違うところを目指そうと確信犯的に作られたものではなく、久々に4人で集まって音を出したらこうなった、というような自然発生的な産物に思えた。どちらにせよ、これは紛れもなくThe Verveの音だと納得がいくし、11年ぶりに彼らが作り出した作品としてすんなり受け入れられた。…というより、個人的には前作よりもお気に入りである。

シングルカットされた#2「Love is Noise」は、大ヒット曲「Bitter Sweet Symphony」に匹敵するアンセムもあり、復活を告げる曲としては申し分ないといえる。他にも、嵐が立ち込めるようなダークさが癖になるオープニングトラック#1「Sit and Wonder」、まばゆいほどの光にゆったりと浸かるような#4「Judas」、後半の狂気を含んだ演奏で一気に持っていく8分に及ぶトラック「Noise Epic」など、特筆したい楽曲は目白押し。

私はニックのギターサウンドや彼の佇まいがとにかく好きだ。ポーカーフェイス黙々とうつむいて演奏する姿はまさに職人。さらにライブでは曲の中で自由奔放に音色をかき鳴らすなど、大胆な一面もあり、The Verveのサウンドの核を担っている。

『Forth』は、『Urban Hymns』の延長上の作品と予想して聴くとがっかりしてしまうが、大きなブランクも感じさせずに作り上げた、現在の彼らが届けてくれた贈り物のような名作。再々々結成してほしいな。

verve-storminheaven
1.Star Sail
2.Slide Away
3.Already There
4.Beautiful Mind
5.Sun, the Sea
6.Virtual World
7.Make It Till Monday
8.Blue
9.Butterfly
10.See You in the Next One (Have a Good Time)
11.Endless Life *
12.Where the Geese Go *
13.No Come Down *

The Verveの本性

The Verveの1stアルバム。名作「Urban Hymns」とはかけ離れたサウンドを繰り広げており、バンド初期の力強さが表れたサイケデリックなアルバム。いわゆる歌モノはほとんど存在せず、ひたすら音の波に身体を委ねていくような作品なので、「Urban Hymns」とは別物と考えてもらっても構わない。特徴はなんといってもニックが作りだす音の壁の如きギターサウンドと、反響する美しいメロディとの対比による、壮麗な世界観。もう一つは、もはやサウンドの一部と化しているリチャードの囁きヴォーカルである。 本作では厚みのあるサウンドとは裏腹に、静かな炎を湛えたバンドの心情を垣間見ることができ、 ブリッドポップというよりはシューゲイザーに近い。流し目で世の中を見渡すようなクールさがあり、タイプは違えど他の作品に劣らないアルバムと言える。

この作品を聴いて連想するのが海岸。寄せて返すような穏やかな起伏をもった曲展開は、まさに波である。潮の満ち引きを足元で感じながら、砂浜から海の荒波ををぼんやりと眺めている・・・そんな様を連想させる。それはもはや海をイメージして作られのではないかと思えてくるほど。 もちろん聴く人によって印象は違うだろうが、美しい絶景が連想されることは間違いない。

先行シングルの②と⑧こそ馴染みやすい曲だが、他の曲は音を身体に染み込ませて恍惚に浸るような楽曲ばかり。書いたように大ヒットした「Urban Hymns」とは大きく路線が違うので、そこを理解して聴いてもらいたい。 同時期にブームになっていたシューゲイザーとの共通点を大いにに感じさせる作品であり、ヴァーヴの本質を知る上での重要作であると言えそうだ。

verve-urbanhymns
1.Bittersweet Symphony
2.Sonnet
3.The Rolling People
4.The Drugs Don’t Work
5.Catching the Butterfly
6.Neon Wilderness
7.Space and Time
8.Weeping Willow
9.Lucky Man
10.One Day
11.This Time
12.Velvet Morning
13.Lord I Guess I’ll Never Know *
14.Come On
15.Deep Freeze *

暖かい日差しが差し込む、彼らの代表作

The Verveの3枚目のアルバム。と同時に解散から再結成を果たしてからの復活作。

まさか再結成を果たしたバンドが、こうも素晴らしい作品を作るとは予想もしていなかっただろう。そりゃあ名曲#1「Bittersweet Symphony」が大ヒットして、その後#2「Sonnet」#4「The Drugs Don’t Work」#9「Lucky Man」などのシングルも立て続けにヒットすれば、おのずとアルバムへの期待はかかるわけで。ただ、そんなことを抜きにしても、この作品は素晴らしいのだけれども。

本作を語る上でやはり#1は外せない。是非聴いてもらいたい。終始バックで鳴り続けるヴァイオリンによるリフがとても印象的な曲である。上記の他のヒット曲はアコースティックなサウンドが主だが、リビングに光が射してくるような…とても優しい曲に仕上がっている。本作で個性を放つ曲と言えば、#3「The Rolling People」#14「Come On」。ザクザクとしたギターによる力強いロックナンバーをこの二曲で披露しており、音楽の幅広さを感じさせる。

繊細で計算尽くされた美しい音使いはクオリティの高さを実感させ、Vo.リチャードの優しい歌声はバックの繊細な音に溶け込みながらリスナーを包み込んでくれる。大きな盛り上がりや衝撃的な部分こそないものの、アルバムを通して落ち着いた雰囲気を保っている。休みの日に昼間~夕方にかけてこのアルバムを聴いていたらどんなに心地良いことだろう。

↑TOP