muse-originofsymmetry
1.New Born
2.Bliss
3.Space Dementia
4.Hyper Music
5.Plug in Baby
6.Citizen Erased
7.Micro Cuts
8.Screenager
9.Darkshines
10.Feeling Good
11.Futurism
12.Megalomania

過剰な美学を提示し、MUSEのオリジナリティが確立

MUSEの2ndアルバム。

前作で鮮烈なデビューを飾った彼らでしたが、その音楽性からRadioheadのフォロワーというイメージが出来上がってしまった。しかしそのイメージを早々に払拭し、オリジナリティが加得ることに成功したのがこの作品。前作で印象的だった荒いギターも健在で、大胆な曲展開や壮大なメロディを駆使したことにより一まわりも二まわりも成長した印象を受ける。そんな大胆なイメージチェンジを経たサウンドからは、MUSEの実験性も感じることが出来る。

#1「New Born」は、イントロの繊細なサウンドから攻撃的なサウンドに移行する部分が特に衝撃的で、一度聴いたら忘れることが出来ない。#3「Space Dementia」#6「Citizen Erased」は、壮大さや憂いが辺りを包む、このアルバムのイメージを作り上げるような曲。そして名曲#5「Plug in Baby」はキャッチーさ抜群のナンバー。と、前半は特に素晴らしい内容となっている。

音楽の貪欲な追求、それに加え彼等のサウンドクオリティの高さも相まって、ここでMUSEのオリジナリティとイメージは完全に作られたと私は考えている。にしても2ndでここまで様々なサウンドを混在させつつ自分達の世界を作りあげてしまったことに驚きを隠せない。

muse-showbiz
1.Sunburn
2.Muscle Museum
3.Fillip
4.Falling Down
5.Cave
6.Showbiz
7.Unintended
8.Uno
9.Sober
10.Escape
11.Overdue
12.Hate This & I’ll Love You

衝動的に、激情的に繰り広げられるギターロック

MUSEの記念すべき1stアルバム。

デビュー作でここまで完成された音楽を作り出したバンドはいないのでは?と思わせるほどのクオリティの高さで、とても鮮烈なデビューを決めた作品です。とても感情的に音楽を表現するマシューはしばしばトムヨークを例に出されるほど。

NirvanaとRadioheadが組み合わさったサウンドと言う人がいたが、なんと的を射た表現なのだろうかと思った。乱暴にかき鳴らしているようなギターと突進するような演奏、繊細なサウンドプロデュースに悲観的なヴォーカル…。こういう風に特徴を挙げたらまさにNirvanaとRadioheadが混在しているかのようだ。しかし、コレが何ともMUSEの色を出していて良い。

憂いたっぷりのピアノの旋律による#1「Sunburn」からいきなりMUSEの世界観全快。その後名曲#2「Muscle Museum」、希望を得たように疾走する#3「Fillip」、力強く伸びるハイトーンヴォーカルが癖になる#5「Cave」#6「Showbiz」など佳曲ぞろい。後のアルバムからはオリジナリティ溢れるMUSEに変貌していくが、本作はNirvanaやRadioheadといった彼らの音楽のルーツを垣間見れるということで貴重な作品である。むしろ、現在の彼らが苦手という方にオススメかもしれない。

↑TOP