ymo-technodelic
1.Pure Jam
2.Neue Tanz
3.Stairs
4.Seoul Music
5.Light in Darkness
6.Taiso
7.Gradated Grey
8.Key
9.Prologue
10.Epilogue

時代を選ばない、普遍的な名作

テクノ創世記にシンセサイザーという武器を手にした三人は、その新しい”サウンド”でどんなことができるのか、どこまで表現できるのか、という考えに取り憑かれていたと言ってもいい。もっと言えば、そういう思いついた表現や考えをひたすら試すためにYMOというユニットを活用していたのではないか。

世間の大きな反響が逆に足枷になったり、メンバー内で不和が溜まったりして、”解散したかったけどさせてもらえなかった”などとぼやいていたそうだが、そんな心境の中でも作品を完璧に作り上げる辺り、彼らは凄いなあと思う。また、個々の作品を聴き比べてみると、それぞれにテーマがあり、非常に考えられて作られており、突発的な発想や感情的な表現とは対局に位置しているのが分かる。

3rd『BGM』発表後、彼らが次なる境地として試みたのは、生楽器との融合。聴くものを芯から刺激するような、肉体的で力強いサウンドは、時代を感じさせない普遍性に満ちている。今聴いても全然古臭さを感じさせない。『Technodelic』は前作に引き続き、実験的といえる作品だが、一つ一つの音にハマっていくと、ズルズルと本作の魅力に取り憑かれていく。

“ベーシストとしてのアイデンティティを失っていた”細野氏が、久々に四弦ベースを手にしたり、全生の演奏の曲があったりと、新鮮さを感じさせる曲が多い。特にメンバーの演奏力の高さがそれを後押しし、より高水準の作品に仕上がっている。個人的に本作は、刺激的なベース音がたまらない。特に#4「Seoul Music」~#6「Taiso」辺りは、どう考えても聴きどころは細野氏のベースだと思う。他にもフワフワとしたシンセでクールダウンさせる#7「Gradated Grey」、#10「Epilogue」では、音の組み込み方が、現代に通ずる部分があり、こちらも今聴いても新鮮。

YMOがリリースした作品では異質で、とっつきにくい部分があるが、時代を先取りしたようなサウンドからは、彼らの実験の成果がありありと感じられる。2nd『Solid State Survivor』や5th『浮気なぼくら』のような歌謡テクノだけを聴いた方にも、ぜひ挑戦してもらいたい作品である。ちなみに、個人的には本作がYMOで最も魅力的な一枚である。

ymo-sss
1.Technopolis
2.Absolute Ego Dance
3.Rydeen
4.Castalia
5.Behind The Mask
6.Day Tripper
7.Insomnia
8.Solid State Survivor

全ては計算?

中期の実験的な作品も素晴らしいけど、世間一般のYMOのイメージはやっぱりコレ!#1「Technopolis」、#3「Rydeen」が収録された、言わずと知れた大ヒットアルバム。日本にテクノポップブームを巻き起こすだけでなく、YMO自体が社会現象となり、彼らの命運を良くも悪くも大きく変えた、いわば全てのきっかけを作った作品である。

恐らくコンピューターミュージックを歌謡音楽に昇華した金字塔的作品である。YMOがKraftwerkから強い影響を受けたことは言うまでもないが、あちらがともすれば革新的で終わってしまうところを、YMOはコンピューターミュージックを世間一般にまで浸透させ、さらにはその可能性を大きく押し広げた。その功績は非常に大きい。

個人的に、当時の活き活きしたとした収録風景が印象的で、シンセやコンピューターという新たな”武器”を手にしたことで、音楽に新たな可能性や未来が広がったことにワクワクしている様がとても良く伝わってきた。今までは”感覚”で行なっていた音楽について、リズムや音を数値に置き換え、新たに音楽の方程式を作り出していくという作業は圧巻である。

例えば、沖縄音楽を意識して作られたという#2「Absolute Ego Dance」も、そんな計算や方程式が織り込まれてあの雰囲気が作り出されているのである。聞けば聞くほど、知れば知るほど凄いグループだったのだと唸ってしまう。ヒット曲のポップさとは裏腹に、RPGの音楽のような#4『Castalia』は、もはや時代の先を言っていたような楽曲である。

全体的に時代を感じさせるサウンドではあるが、いつの時代も”近未来”と言うワードをサウンドに置き換えるとこんな音で表せるのではないだろうか。今聴くと逆に新鮮である。ちなみにメンバーは、このアルバムが売れるとは思っていなかったらしく、あまりの反響の大きさに驚いたそうだ。しかし、当時を知らない私が今聴いても素晴らしいと感じた作品だし、一過性の狂騒で忘れ去られてしまう作品とも到底思わない。そこにはやはり、彼らが計算で創りあげたサウンドと、音楽の新たな歴史を拓こうとした熱意が込められており、それが組み合わさったからこそ多くのYMOチルドレンを生み、現在まで語り継がれているのだと思う。

さらなる実験性や完成度は中期の作品に譲るとして、とりあえずYMOを知りたい人、当時の雰囲気を味わいたい人(?)はぜひ聴いてもらいたい。

ymo-bgm
1.Ballet
2.Music Plans
3.Rap Phenomena
4.Happy End
5.1000 Knives
6.Cue
7.U.T
8.Camouflage
9.Mass
10.Loom

証明させた音楽性の高さ

今でこそ次作の『Technodelic』と並び、傑作の一つに位置づけられている本作。しかしリリース当時は、大衆性から逸脱した音楽性により、酷評が圧倒的に多かった。”自分たちの音楽性を追求し続けた”…などと、彼らの心境を勝手に解釈するのは簡単だが、おそらく彼らはとてつもない天邪鬼だったのだと思う。リスナーが期待した方向には絶対に向かわない高飛車な姿勢が、顕著に現れた作品だと言える。

1979年に『Solid State Survivor』が大ヒットを記録し、その後の『Public Pressure』などのリリースを経て、YMOは一気に日本国内を席巻。その矢先にリリースされたのが本作だった。”教授と細野氏との仲がギスギスしていたから”とか、”にわかファンをふるい落とすためだった”とか、本作を物語るエピソードは様々だが、実際異常な人気ぶりに最も当惑していたのはメンバー自身で、同時にそんな状況に嫌気が差していたそうだ。売上こそ減少したが、現在では彼らの音楽性の高さを証明する作品ともなっている。

各楽曲に関しては、口ずさめるような楽曲はなく、その不穏な旋律や実験的なサウンドに対し、じっくりと耳を傾けて楽しみたい。#1「Ballet」でいきなりぼんやりとした陰鬱な音色が耳を突き、今までとは違う音楽をたちまちのうちに感じさせる。その後も、投げやりなヴォーコーダの声と耳を劈くサウンドが印象的な#2「Music Plans」、不穏な空気感が辺りを包み込む#4「Happy End」へと続いていく。

機材と無表情で睨み合う彼らの姿を想像すると、クールな表情を捉えた、いかにもYMOらしいサウンドだとも感じる。中でも、強烈なドラミングと中盤のメンバーによる掛け合いが印象的な#7「U.T」は特にかっこよく、個人的にも大好きな曲である。そして最後の#10「Loom」では、眠りに誘う優しい音色を披露し、もはやアンビエントまで及んでいる。

本作『BGM』と、それを更に突き詰めた『Technodelic』は、一般的なYMOのイメージとはかけ離れているが、メンバーはこの二作を特に気に入っているようである。実験的かつクオリティの高さが意識された二作は、YMOの本質に迫ったものであることは間違いない。また、職人集団であったにもかかわらず、茶目っ気たっぷりな彼らの佇まいも面白く、それが音楽性を変えても憎めない所以である。現在もなお多くリスナーに愛され、後世のミュージシャンに影響を与え続けている天才的なグループである。

(さらに…)

↑TOP