wands-peace
1.FLOWER
2.Love&Hate
3.世界が終るまでは…
4.DON’T TRY SO HARD
5.Crazy Cat
6.SECRET NIGHT~It’s My Treat~
7.Foolish OK
8.PIECE OF MY SOUL
9.Jumpin’ Jack Boy(Album Version)
10.Million Miles Away

パブリックイメージを覆した彼らの最高傑作

90年代にヒット曲を数多く世に送り出して一世を風靡したことでも知られるロックバンド。本作は4作目となるオリジナルアルバムで、上杉昇、柴崎浩が在籍していた”二期”最後の作品。大ヒット曲「世界が終るまでは…」収録。

WANDSは、初期こそ大衆向けのポップスで人気を博していたが、中期も終わりに差し掛かったこの辺りで、音楽性に変化が表れる。一言で表現するならば、陰影の濃いハードロック。おそらく今までの彼らのイメージで聴くと、このダークな雰囲気に戸惑ってしまうかもしれない。しかし、今や本作こそがバンドの最高傑作との意見も根強く、WANDSの真の姿としても認知されている名作である。

今までのイメージを覆したこの作品は、大衆ロックを毛嫌いしていたロックファンにこそ好かれる作品だと思っている。持ち味である重量感のあるサウンド、更には上杉昇の色気のあるヴォーカルが、本作では特に映えており、非常にカッコ良い。

音楽性がガラッと変わったWANDSだが、統一感のある雰囲気と、それを形成する楽曲に穴がなく、非常に素晴らしい出来のアルバムといえる。#3「世界が終るまでは…」といった大ヒット曲もさることながら、突如路線を変えて本作のイメージを作り上げた#6「Secret Night」リリースの衝撃。ダークに疾走するこの曲は本作でもベストトラックに位置づけられるだろう。他にも、イントロから陰鬱全開の#1「FLOWER」、路地の街灯に照らされているかのように物哀しい#4「DON’T TRY SO HARD」、起伏の激しい展開に緊張感漂う#8「PIECE OF MY SOUL」と、粒ぞろいの楽曲が並ぶ。極めつけは壮大かつ感動的なラスト#10「Million Miles Away」。木村真也が唯一作曲したこの曲は、特に人気が高い。

今までの壮大なスケールによるポップスから、内省的なロックへ移行した音楽性。これは、メンバーの意向が大いに反映されたもので、彼らが本来やりたかった音楽だったようだ。しかし本作をキッカケに、制作サイドとの確執が一気に広がり、二期終焉の原因ともなってしまった。このことからも色んな意味で危うく、緊張感が漂う本作。個人的に本作は非常に長く愛聴しているが、そのような制作のエピソードも含めて好きなアルバムである。

(さらに…)

↑TOP