larc-ray
1.死の灰
2.It’s the End
3.HONEY
4.Sell My Soul
5.Snow Drop (Ray Mix)
6.L’ Heure
7.花葬
8.侵食-lose control-
9.trick
10.いばらの涙
11.The Silver Shining

バンドの魅力満載、非常に濃い内容の名作

『Ark』と共にリリースされたことでも知られる名作アルバム『Ray』。ポップ寄りの『Ark』に比べ、退廃的な部分が目立つ作品として知られ、ラルクの本質に迫る内容である。3枚同時リリースされたシングル3曲に加え、アルバム収録曲からも名曲が数多く誕生している。アルバムとしての完成度もこちらに軍配が上がり、ラルクの代表作に挙げられるのは決まってこの作品である。個人的にもアルバム単位で聴き返すのはこちらのほうが多い。

この時期のラルクのシングルは本当に傑作揃いだと思う。中でも人気を不動のものにしたとされる#3「HONEY」、#7「花葬」、#8「侵食-lose control-」の三曲は言うまでもないだろう。これら3曲は1998年に同時リリースされ、チャートのトップ5に3曲がランクインするという快挙を成し遂げた。

ダークサイドに彩られた作品ということもあり、やはりKen作曲のものが多めとなっている。地味ながらズンズン進んでいく演奏が癖になる#2「It’s the End」に始まり、#7「花葬」#8「侵食」もKen作曲によるものである。

そして、アルバムから生まれた楽曲で特に印象的なのが、#10「いばらの涙」。これは人気投票でも上位に食い込んだ曲でもあり、本作の雰囲気を艶やかに表現している名曲である。他にも荒れ地を突き進むような#1「死の灰」や、ライブの定番曲となっている#9「Trick」、小休止のインスト#6「L’ Heure」までも、本作の雰囲気を創りあげ、非常に濃い内容の作品に仕上がっている。

『Ark』もいい作品だったが、個人的にラルクに求めてしまうのは、退廃的な世界観や妖艶な空気感が支配する世界。・・・表現が難しいが、とにかく『Ray』に漂う世界観が、私は大好き。『Ark』程ではないが、聴きやすい作品なので、初めての方にもおすすめできる。

(さらに…)

larc-ark
1.Forbidden Lover
2.Heaven’s Drive
3.Driver’s High
4.Cradle
5.Dive to Blue
6.Larva
7.Butterfly’s Sleep
8.Perfect Blue
9.真実と幻想と
10.What Is Love
11.Pieces (Ark Mix)

キャッチーな音色に包まれた、全盛期を象徴する音

新ドラマーにyukihiroを迎えて再始動した1997年。そこからの彼らの勢いは、今改めて考えてみても凄まじかった。それは「虹」に始まり、以降も短期間で怒涛のリリースが続きながらも、そのどれもが音楽的に高い評価を受けた。そして結果的に社会現象といえるほどにまで彼らの存在は大きくなっていった。

その”ラルク狂騒”の極みと言えるのが、1999年の『Ark』『Ray』同時リリース。チャートも1位と2位を独占。本作『Ark』に関しては、現在もなおラルク史上最高の売上を記録したアルバムとなっている。ちなみにアルバムを二枚に分けたのは、メンバー曰く”HEART以降のシングルを一枚に収めたら、ベストアルバムになってしまうから”だという。

本作はTetsuyaの曲が多く採用されていることからも分かるように、ポップでキャッチーな曲が印象的なアルバム。#2「HEAVENS’S DRIVE」、#3「Driver’s High」と熱気のある明るい楽曲で一気に引き込み、以降も大空を羽ばたくPVが印象的な#5「DIVE TO BLUE」や、ハワイアンテイストの#8「Perfect Blue」、暖かい陽気に誘われるような#10「What is Love」、幸福感に満ちたバラード#11「Pieces」と続く。このように今までにないほど開放的で明るい作品である。彼ら特有の怪しい雰囲気や、癖の強さをあまり感じさせないため、ラルクが苦手な人でも入り込める余地は十分にある。

ただ、他の作品に比べてアルバム曲の印象が薄い印象が未だにある。その理由としては、シングル曲のインパクトがどれも強い、というのが全てだろう。個人的には#9「真実と幻想と」はお気に入りなのだが、あまり話題にのぼらないのが残念。

この全盛期のラルクを私はリアルタイムで聴いていたわけではなく、後追いでこの作品を手にすることとなったのだが、ラルク初体験となった#2「HEAVEN’S DRIVE」を聴いた時の衝撃は今でも忘れられない。聴き覚えのある曲だったこともあったが、こんなカッコいいバンドがチャートを賑わせ、社会現象を起こしていたという事実に興奮し、すぐにこのバンドの虜になった。このラルクとの出会いが、以降の私の音楽嗜好を完全に決めてしまったと言ってもいいくらい、私はこのバンドに対して強い思い入れを持っている。

そんな経験談から、初めてラルク聴く人には本作から入ってみることをおすすめしたい。Tetsuyaの楽曲が多いとはいえ、不穏な幕開けを告げる#1「Forbidden Lover」や、深淵に堕ちていくような#9「真実と幻想と」も聴けるため、なんだかんだ当時のラルクらしいサウンドを楽しめるのではないかと思う。

(さらに…)

larc-real
1.Get Out from the Shell [Asian Version]
2.The Nepenthes
3.Neo Universe
4.Bravery
5.Love Flies
6.Finale
7.Stay Away
8.Route 666
9.Time Slip
10.A Silent Letter
11.All Year Around Falling in Love

全盛期を司る傑作

L’Arc~en~Cielの8thアルバム。99年に出された二枚の作品で絶頂を極めたバンドは、本作でも帯びた熱を抑えることはなく、それどころかより一層解放させたような力強さを感じ取れる。その熱はもちろん惰性なんかではなく、色彩豊かなバンドのセンスも盛り込まれ、一風変わったバンドの領域を垣間見ることができる。

個人的な感想としては、今まで手で触れられない場所で妖艶な世界を作っていたラルクが、少しだけ地上に降りてきたような印象を持ち、まさにラルクなりにリアルを意識したような作品なんだと感じた。だからこそ#4「Bravery」#7「Stay Away」のような垢ぬけて元気な楽曲ができたのだと思う。さらにそれとは対照的な、ハードロックを意識した#2「The Nepenthes」や絶望感漂う#6「Finale」などが配置されているように、本作ではふり幅の大きさが目立つ。今までも特色ある作品を器用に作り上げてきた彼らだが、本作はそれ以上だろう。

非常にダークな①で幕を明け、以降は熱のこもった名曲がどんどん続く展開にはこちらも興奮させられる。ただ、気になるのは終盤の楽曲。特に#10「A Silent Letter」と#11「All Year Around Falling in Love」はとても幻想的な旋律が印象的な曲でアルバムを締めくくるにふさわしいが、最後までちゃんとした印象が残らなかった。因みに購入当時は四曲の先行シングルがあまりに秀逸だったため、そればかり聴いてた記憶がある。もっと言えば#5「Love Flies」はラルクの曲の中でも五本の指に入るほど好きだ。今思えば本作は、先行シングルのインパクトが大きすぎて、アルバム曲が霞んでしまった感じが否めない。ただ前半の二曲はアルバムを象徴する素晴らしい曲なだけに、全部がそうとは言い切れないが。

↑TOP