inaba-magma
1.冷血
2.くちびる
3.そのswitchを押せ
4.波
5.眠れないのは誰のせい
6.Soul Station
7.arizona
8.風船
9.台風でもくりゃいい
10.灼熱の人
11.なにもないまち
12.Chopsticks
13.JEALOUS DOG
14.愛なき道
15.Little Flower

人間臭い稲葉浩志

あの日本のロックアイコン、B’zのヴォーカリスト稲葉浩志のソロ作品。バンドと比べると、なんてやさぐれた世界を作り上げているんだろうと、聴くたびに思う。

…運動神経抜群で、頭脳明晰。ルックスもよく、極めつけは国内を代表する歌声の持ち主という、我々からすればもはや超人の域に達している稲葉浩志。ロックを体現するようなハイトーンかつ野性的な歌声は、もう誰にも真似できない孤高のものであるといえる。

稲葉氏は人気絶頂のB’zを尻目に、本作でソロデビューを果たすのだが、これがとても感傷的というか内省的というか…。本作を手に取る人は当然、B’zの延長線上のサウンドを期待するものだから、パワフルな作品を想像していただろう。まあソロだからユニットと違うのは当たり前なのだが、表の住人だと思っていた稲葉氏が、陰の強い本作を創りだしたことで、より魅力が増したように思う。

おそらく、とても人間臭い作品なのだと思う。泥臭ーい演奏に野性的なヴォイスが印象的だが、特筆すべきは日常を切り取ったようなやさぐれた歌詞。憂鬱で堕落した、投げやりのようで反骨精神さえ感じさせるその世界。稲葉氏はどこでその言葉を紡ぎだすきっかけを経験したのだろうと不思議でならない。こうなってくると、稲葉さんも我々と同じ人間なんだと、なんだか親近感すら湧いてくる。

ポップさとは無縁の作品になったが、ある意味穏やかで、ある意味刺のある、とても渋い作品である。B’zのスタジアム・ロックを聴かず嫌いしているロックファンの方々、この作品はオススメですよ。

↑TOP